• TOP
  • 休日散歩
  • 素敵な街に出逢う VOL.09: 歴史と自然が共存する街をのんびり散策

素敵な街に出逢う
VOL.09

歴史と自然が共存する街をのんびり散策

真田山・玉造の今と昔を愉しむ

掲載日 2018年3月9日

真田山はその名の通り、かつて「大坂冬の陣」の舞台となり、大坂城の出城「真田丸」が築かれた、真田幸村ゆかりの地。界隈には幸村とその時代を偲ばせるいくつもの史跡が残ります。また、真田山がある玉造の街も、古代には勾玉を製作する玉作部が置かれ、豊臣の時代には戦国大名の屋敷が並んでいたという由緒ある土地。そんな歴史の薫る街には生活施設が充実し、交通至便であると同時に、「真田山公園」や「宰相山公園」、「清水谷公園」といった緑豊かな公園が多く閑静な環境が広がります。真田ゆかりの歴史スポットを歩き、落ち着いた街並みに点在する個性豊かなお店を巡って、今と昔を愉しむ休日を過ごしてみませんか。

三光神社

「真田山」「玉造」界隈はどんな街?

JR大阪環状線「玉造」駅から「天王寺」駅へ4駅約7分、「京橋」駅へは3駅約5分、「大阪」駅へ6駅約13分。地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅から「心斎橋」駅へ4駅約6分と、都心各所への利便性の良さが魅力です。スーパーや商店街など日々の生活に便利な商業施設も充実。また、多くの学校があり、文教地区としても知られる真田山界隈には、真田ゆかりの史跡のほか、歴史ある寺社が並び、落ち着いた佇まいの街並みが広がります。

心眼寺坂周辺

〝城博士〟の千田嘉博先生が語る「真田山」の魅力

城郭の研究家として日本全国を回りましたが、中でも「ここは興味深い地」と思うのが真田山。その理由は、豊臣と徳川が激突した約400年前の大合戦「大坂冬の陣」にあります。日本一の兵(つわもの)と称えられた戦国のヒーロー・真田幸村(信繁)が、真田丸という出城をつくり、約4000人の手勢で2万ともいわれる徳川の大軍と戦い打ち破った地こそ、ここ真田山でした。

なぜ幸村は真田山に城をつくったのでしょう。実は真田山は、上町台地のしっかりした地盤に支えられた場所で、大坂城の守りの弱点だった南側をカバーしながら、徳川軍を引きつけて徹底的に撃破するのに最適なポイントだったのです。
真田山周辺には豊臣秀頼の直臣が住まうなど、小高い丘の上質な住宅地でもありました。いまは整地されて平らになっていますが、真田丸の堀が細道や段差となって残っていたり、幸村も歩いたであろう大坂城へと続く心眼寺坂が現存していたりと、昔の名残を垣間見ることができます。この辺りを歩くと、当時の真田丸の姿が目に浮かんでくるよう。とても歴史的価値が高い素敵な街なんですよ。

千田嘉博(せんだよしひろ)
城郭考古学者。奈良大学文学部文化財学科教授。日本各地の城跡調査や史跡整備にかかわり、2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の城郭考証も務めた。『真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解く』(NHK出版新書)など著書も多数。
  • 真田幸村ゆかりの地を歩く
  • 街中の個性豊かなお店へ!

幸村の出城・真田丸跡に建てられた「真田丸顕彰碑」
真田山公園にほど近い大阪明星学園の敷地は、かつて真田幸村が築いた出城「真田丸」があった地とされ、その跡地に真田丸顕彰碑が建てられています。「大坂冬の陣」に際し、幸村が大坂城の弱点が南側にあるのを見抜き、真田丸を構築して徳川方から大勝利を挙げた、まさに歴史の舞台。顕彰碑の陶板や碑文を通して、大坂冬の陣の陣立や真田丸の戦いの様子が伝わってきます。

2016年に心眼寺坂に建てられた顕彰碑。通りの向かいには真田幸村・大助父子を祀る心眼寺があり、「真田幸村出丸城跡」の石碑や幸村の墓碑も残されています。

真田幸村の威光を感じさせる古社「三光神社」
第18代天皇・反正天皇の時代に創建されたと伝わる古社。中風封じの神として知られ、6月の中風除け祈願の期間には、多くの参拝者で賑わいます。境内には、陣中で指揮を執る姿の真田幸村の銅像が立ち、そばには真田幸村が大坂城まで続く地下道を設けたと伝わる「真田の抜け穴」跡があります。真田家家紋の六文銭が描かれたお守りや絵馬、御朱印帳なども歴史ファンに人気です。

陣中姿の真田幸村像は、智勇兼備であった幸村を彷彿とさせます。台座には、信州・上田にある真田家の菩提寺から切り出した「真田石」が使われています。

宰相山公園に鎮座する三光神社。桜の名所としても知られています。毎年、6月1日から1週間、中風除け祈願祭が執り行われます。

真田幸村が設けたとされる「真田の抜け穴」跡。通常非公開ですが、11月の第一日曜日の「真田祭」で、年に一度開放され、内部を見学できます。

昭和の面影が懐かしい複合施設「露地再生複合施設 宰-つかさ-」
昭和30年代の木造長屋を再生させたレトロな複合商業施設。石畳の趣ある露地を備え、露地の奥へとお店が連なります。1階正面の「長屋カフェ&ダイニング 光ル」をはじめ、クラフトビールのお店や天ぷら小料理店、雑貨店や和食器のお店、占い店、お茶のサロン、エステサロンなど個性豊かな9店舗が集合。5月と11月には、フリーマーケットやワークショップ、屋台の飲食などが楽しめる「たまほり蚤の市」も開かれています。

三光神社やどんどろ大師が近くにある、静かな住宅街・空堀町に佇む「露地再生複合施設 宰-つかさ-」。建物や露地に、昭和中期の懐かしい面影が残っています。

「長屋カフェ&ダイニング 光ル」。洋食を中心に「筑前煮カレー」など和洋折衷の料理が味わえます。ランチにカフェ、ダイニングと多彩に利用できると人気です。

石畳の細い通りに植栽の緑が映える、風情溢れる露地。「たまほり蚤の市」では、普段は静かな露地に屋台や出店が出て大いに賑わいます。

青空の下でスケートも楽しめる「大阪市立天王寺スポーツセンター/真田山プール」
真田幸村が活躍した古戦場も、今は緑豊かで広大な真田山公園となり、運動場やテニスコート、プール、体育館がそろう大阪市内屈指のスポーツ公園として親しまれています。真田山プールは、1年を通して利用できる25mの屋内温水プールと、6~9月に利用できる50mの屋外プールがあり、トレーニング場も設備。屋外プールは12月から3月上旬まで、屋外アイススケート場となり、青空の下でスケートが楽しめます。

通年利用できる屋内プールと、夏はプール、冬はアイススケート場となる屋外プールを設備。敷地内には天王寺スポーツセンターもあり、多彩なスポーツが楽しめます。

真田丸顕彰碑
大阪市天王寺区餌差町5-44(心眼寺坂)

三光神社
大阪市天王寺区玉造本町14-90 TEL 06-6761-0372
[時間]9:30~16:00(社務所の開いている時間)
[休日]無休 公式サイト

露地再生複合施設 宰-つかさ-
大阪市天王寺区空堀町11-8
[時間]各店舗により異なる
[休日]各店舗により異なる 公式サイト

大阪市立天王寺スポーツセンター/真田山プール
大阪市天王寺区真田山町5-109 真田山公園内
※開館時間・休館日・料金などの詳細は公式サイトをご覧ください。
公式サイト

本格的な和食と和菓子がいただける和風カフェ「kotikaze(こちかぜ)」
住宅街にひっそりと佇む隠れ家のような和風カフェ。割烹で腕を磨いた女性店主が一からすべて手作りする和食や甘味が人気です。朝11時までは朝がゆや蒸しパンのセットが、お昼は数種のおかずが彩りよく盛られた「松花堂弁当」が楽しめます。甘味は、毎日8~10種の季節の和菓子がそろい、好みのお菓子を一つ選ぶと、それに合わせた2~ 3種のお菓子が一緒に味わえる「お菓子の盛り合わせ」がおすすめ。全40種あるというかき氷や冬のぜんざいも評判です。

メインの料理に、野菜の炊き合わせや焼き物、お漬物など、彩り豊かなおかずが少しずついただける「松花堂弁当」。素材を生かした優しい味が人気です。

清水谷公園近くの閑静な住宅街になじんだ店構え。店前にとめた水色のスクーターが目印。間口が狭く奥に細長い造りになっていて2階にも席があります。

レトロなテーブルや椅子を配し、日本やアジアの雑貨が飾られた、どこか懐かしく温もりある店内。多彩な日本茶や中国茶が楽しめるのも魅力です。

ゆったりとした時間が流れる古書店「一色文庫」
東高津公園のそばにある小さな古書店。「ゆっくりと本を探してほしい」との思いから、木の床に書架も木製のものを選び、ゆったり座れる椅子やテーブルを配置。居心地のいい空間を創り出しています。文芸書を中心に、美術誌や絵本、雑誌、料理本といった暮らしに関するものまで、幅広いジャンルの本が並びます。蔵書数は約1万冊。100円の本が並ぶ棚もあり、古本の買取も1冊から気軽に対応してくれます。

木の温もり溢れる、落ち着いた雰囲気の店内。ゆっくり座って本が読めるようにと、椅子やテーブルが置かれているのも本好きには大きな魅力。

2015年に夕陽丘から今の地に移転し、リニューアルオープン。木枠のガラス戸に植物の緑が映える店構えは、お洒落なカフェのよう。

こだわりの食パンとコーヒーの専門店「LeBRESSO(レブレッソ)本店」
食パン専門店とコーヒースタンドが融合した斬新なスタイルのお店です。北米産の高級小麦粉を使って湯種製法で作る食パンは小麦の風味が生き、しっとりふわふわ。コーヒーは厳選した6種の豆をブレンド。注文後に豆を挽いて淹れるエスプレッソやカフェラテのほか、シングルオリジン(単一銘柄の豆)のハンドドリップコーヒーも。店内で、素材にこだわって作ったミルクジャムやフルーツジャムをたっぷり塗った日替わりの厚切りトーストとコーヒーが楽しめます。

真田山公園の南、玉造筋に立つお店は、レンガ造りのレトロな雰囲気。お店の扉を開けると、棚にズラリと並んだ食パンが迎えてくれます。

「サワークリーム&ハニーバターアップル」のトースト。日替わりで4~ 5種のトーストが楽しめます。4種のミルクジャムの販売もあり、プチギフトにもおすすめ。

次々と食パンが焼き上がるオープンキッチンの店内。卵や防腐剤、安定剤不使用の食パン「LeBRESSO BREAD」のほか、チーズ入りや季節商品もそろいます。

食べごろフルーツを使った
スイーツが人気の「FRUIT GARDEN 山口果物」

新鮮なフルーツの販売はもちろん、店内のカフェスペースでは旬のフルーツを使った多彩なスイーツが味わえます。看板メニューは季節のフルーツゼリーに、8種の果物を贅沢に使った「フルーツポンチゼリー」。果汁入り特製アパレイユに漬け込んだパンと自家製のフルーツソースが絶品のフレンチトースト、常時10種がそろうフワフワのかき氷、フルーツサンドも人気です。

店頭や店内には、おいしさにこだわって、全国から仕入れた新鮮なフルーツがズラリと並びます。果物屋さんならではのフレッシュジュースも楽しみ。

7種類ものフルーツがのった「果物いっぱいのフレンチトースト」は、2人で食べても満足なほどのボリューム感。2種類の自家製フルーツソースとともにいただきます。

kotikaze(こちかぜ)
大阪市天王寺区空清町2-22 TEL 06-6766-6505
[時間]6~9月は8:00~18:00LO、10~ 5月は8:00~17:30LO [休日]不定休
[料金]朝がゆセット(8:00~10:45)800円、松花堂弁当(11:00~14:00)1,200円、お菓子の盛り合わせ650円
公式サイト

一色文庫
大阪市天王寺区東高津町9-24 TEL 06-6764-0881
[時間]12:00~19:00 [休日]木曜
公式サイト

LeBRESSO(レブレッソ)本店
大阪市天王寺区味原町1-1 TEL 06-6765-8005
[時間]9:00~18:00LO(土日祝日は8:00から営業)
[休日]不定休
[料金]厚切りバタートースト330円、エスプレッソ300円、LeBRESSO BREAD(1.5斤)650円 公式サイト

FRUIT GARDEN 山口果物
大阪市中央区上本町西2-1-9 宏栄ビル1F TEL 06-6191-6450
[時間]10:00~20:00、カフェは19:30LO [休日]不定休
[料金]フルーツポンチゼリー340円、果物いっぱいのフレンチトースト1,500円、かき氷500円~ 公式サイト

※掲載されている情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合があります。

一覧へ戻る

ページの先頭へ